家族信託をするメリット|財産のことについて考えよう

葬儀

万が一の時に頼る

相続は弁護士や税理士、司法書士等様々な士業がかかわる問題ですが、この相続を専門とした専門家集団が全国各地にいます。このような専門家集団に依頼する以外に、千葉県内で地場の弁護士や税理士に依頼をする方法もあります。相続については専門的な知識があるか、適切なアドバイスをもらえるかで選択する必要があります。

弁護士

法律問題で活躍する専門家

千葉での法的トラブルの弁護士依頼のメリットは、法律のプロが代わりに相手との交渉をすることで、有利な解決の可能性が上がることです。また、法廷闘争でも弁護活動や手続きのサポートなどを通じ、解決の心強い存在になってくれます。着手金や報酬金などの費用は見積もりで確認した後、契約書で明記をしてもらいましょう。

相談

借金問題の解消方法

債務整理のひとつに自己破産の手続きがあります。裁判所に対して破産申立を行い、免責許可を得ることができれば借金を帳消しにすることができます。しかし、その手続きには専門的な知識や経験が必要となるので、借金の返済に行き詰ったときには専門家である弁護士や司法書士に相談することが得策です。

家族への財産信託とは

相談

より柔軟な資産管理が可能

自身が高齢となって健康面等に不安を覚える頃に問題となるのが、所有している財産の管理です。基本的に財産は名義人以外にこれを変更したり処分する権限がありません。それ故に例えば当人が要介護となった場合に、財産を動かすだけの能力を既に欠いていたりすると、財産があるにも関わらず介護費用にすら使えないという事が発生し得ます。そこでこうした問題を解決する為に、最近は家族信託の制度が注目されています。この制度は自身が元気な内に特定の家族と財産信託の契約書を交わして置き、その内容に従って家族が自身の指示・意向の下で財産の管理・運用・処分を行えるようにするものです。既に自身が財産管理能力を喪失して以降で無ければ、使えない成年後見制度もあります。しかし、こちらは第三者が後見人に就任する事を想定している為に、後見人に対しての報酬の支払い義務・後見人側の裁判所への報告義務が発生します。対して家族信託は報酬・報告の義務が発生しないので、より簡素な手続きで財産管理の保障を得る事が出来ます。また成人後見制度では財産の管理権は完全に後見人に移譲されます。しかし、家族信託の場合は前述のように自身が主体となって管理する余地も残されています。その為、財産をより増加させる事を視野に入れた投資活動から、相続対策を意識して共有名義の不動産に財産を変えて置くといった運用まで、高い柔軟性を持たせる事が出来ます。この柔軟性は、自身の死後にも活きて来ます。家族信託の契約がある場合、相続に関する財産処分を受託者である家族の責任で行う事が出来ます。法定相続の定めや遺言による指定の必要が無くなるので、円滑な相続を期待する事が出来ます。また、どうしても問題を解決することができないという場合は、法律のプロである弁護士などに相談するとよいでしょう。