家族信託をするメリット|財産のことについて考えよう

  1. ホーム
  2. 万が一の時に頼る

万が一の時に頼る

葬儀

今までは亡くなった人の2%から3%が相続の対象と言われていました。しかし近年基礎控除の引き下げにより今まで以上に対象になる人が増えるといわれています。相続は弁護士や税理士、司法書士等の様々な士業がかかわる問題です。起こってからでなく生前の内に対応する事でもめ事等を防ぐ事が出来ます。現在は相続の専門家集団が全国各地におり、千葉県にも支店があったりします。このようなところに相談するのも良いですし、個別に千葉県にいる地場の弁護士や税理士に依頼をする方法もあります。まず弁護士がからむ問題としては遺言や遺産分割協議、相続の放棄や限定承認等です。相続に関する書類作成の手間がはぶけたり、相続放棄や遺産分割のアドバイスをもらえます。遺言1つでも作成方法に間違いがあれば効力を持ちませんので、事前に相談するなどして注意深く対応する必要があります。税理士は相続税で最も力を発揮します。税務申告には多大なる負荷と時間がかかります。このような負荷を減らすためには税理士に依頼をし、税務署から申告漏れの指摘がないように対応する事が必要です。相続については知識の他経験も必要ですので、専門的な知識を持ち合わせている税理士や弁護士を選択する必要があります。またいかに適切なアドバイスがもらえるかも非常に重要です。その点において複数の弁護士や税理士に相談をしてみて、実際に合うかどうか判断をする必要があります。千葉県内だけでなく、千葉県外も視野に入れて探すことが重要です。